低用量ピルにはどんな働きがある?

女医
低用量ピルという名前だけなら知っている方も多く、実際に利用したことがあるという方も少なくないはず。
低用量ピルは、女性が自分でできる避妊方法なんです。
避妊は高確率で成功でき、使用方法も飲むだけと簡単で今注目のお薬。
ここでは低用量ピルの効果についてご説明します。

正しく飲めば避妊率は99%!

決められた飲み方を守れば、妊娠する確率は0.1%とかなり低い低用量ピル。
妊娠を高確率で阻止する魅力的なお薬です。
飲み方は簡単で、月経初日から1日1回毎日飲み続けるだけでOK。
朝起きた時や寝る前、食後などいつ服用しても大丈夫なんです。
毎日同じ時間帯に内服すれば飲み忘れを防げます。
これだけで99%の確率で避妊できるなんて、すごいと思いませんか?

1日でも飲み忘れると避妊の確率が下がってしまいますので、気を付けましょう。

排卵が起こらないので妊娠することはありません

どうして低用量ピルは99%の高確率で避妊が可能なのでしょうか?
低用量ピルには、卵巣から分泌される黄体ホルモンや卵胞ホルモンと似た成分が科学合成されたものです。
ピルを飲むことで、排卵後の状態を作り出すことができます。
体が「もう排卵した」と勘違いした脳が、「今月のお仕事はおしまい」と排卵を起こすホルモンの分泌がストップさせ、高確率で避妊ができるという仕組みです。

安全性が高く、正しく飲めば確実な避妊が可能な低用量ピル。
手軽で使用方法も簡単ですが、日本では産婦人科で処方してもらわなければ手に入りません。
そこでおすすめなのが海外通販サイトでの購入。
通販なら処方箋は不要で、病院より安く購入できます。
興味のある方は、通販も利用してみてください。