ピルを飲み続けたら、将来妊娠しづらくなる?

赤ちゃんの画像

避妊の成功率を上げたいなら、飲む避妊薬・ピルがオススメです。

しかし服用中は排卵を抑制するので「将来妊娠しにくい身体になってしまうのでは?」と、不安に感じる人がいるようです。

結論から言うと、服用を続けたからといって不妊には繋がりません。ここでは、断薬後に妊娠できるかどうかについて説明します。

服用を止めたら妊娠できる!
近年の研究では、ピルを服用しても妊娠のしやすさやしにくさには影響しないと報告されています。

では、断薬後どのくらいの確率で妊娠できるのでしょうか。

研究データによると、低用量ピルの服用を止めた後の妊娠の成功率は
服用中止後の1周期目・・・21.1%
3周期目・・・45.7%
1年後・・・79.4%
2 年後・・・88.3%
という結果が出ています。
この割合は、ピルを内服した経験のない女性の妊娠率と変わりません。

またアフターピルの場合、服用後3週間以内には月経が始まります。アフターピルを飲んで得られる避妊の効果は、長くても5日間です。

一時的に排卵を抑えるため、普段の月経周期は乱れてしまうかもしれません。しかし時間が経てば通常の周期に戻るので、安心してください。

低用量ピルは不妊治療になる?
低用量ピルには、不妊治療の効果はありません。そのため、内服を続けたからといって妊娠しやすくなるわけではないのです。

ただし低用量ピルには、ホルモンバランスを整える働きがあります。月経周期がコントロールできれば、妊娠の確率が上がる排卵期が分かり効果的な妊活に繋がります。

不妊で悩んでいる人は低用量ピルでホルモンバランスを整えつつ、根本的な改善に向けて産婦人科を受診しましょう。